14276

刃牙やらペルソナやら、パチスロでは良版権をことごとく食い荒らしていることで、2014年は山佐を越えたネタメーカーになったと管理人は思っているニューギン。

そんなニューギンがCRサムライスピリッツでは原作を忠実に再現しすぎたせいで、逆にダメ出しを受けてしまうという事態に。

画像と一緒にご覧になりたい方はパチンコ・スロット原作愛について語るブログ様のブログへ
ニューギンついでに
「サムライスピリッツ」

まず直近の版元SNKのスロットよりはサムスピっぽさは全然上
格闘ゲームで有る原作のイメージを損なわないように、色々気を使って作られておりそこは好感が持てました

が、それが台の出来とリンク出来てないのがニューギンらしいかなと・・・


格ゲーである原作の世界観に忠実に作りすぎてて通常時からの演出がひじょ~に単調
キャラの日常描写的な物が何もなくただ数字が回って、デカイ文字が出て、キャラのカットインが出てとキャラを使った・活かした発展演出的な物が殆ど無く
戦う以外に描写が無い原作ゲームに忠実なんでしょうけど)
あまりに地味すぎますね・・・

まあ、この辺のさじ加減は難しい部分なんでしょうけど
格ゲーらしさを半ば放棄して、オリジナル描写や、原作イメージと程遠いリアルCG描写をメインに据えたスロ版もどうかと思うし両方とも極端すぎるんですよね
その中間ぐらいを落とし処に出来なかったんでしょうか?

基本的には、パチもCGなんだが
メインビジュアルに起用してる「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」のイラストイメージを再現しようとしており(出来はまあそれほどでも・・・)

覇王丸とかもスロ版のコスプレゴリラよりは全然いい感じになってます

あと声優もゲームベースにしてるようで
ナレーション兼十兵衛役の小林清志がいい仕事してます
何か全体がギュッと締まった感じを受けますね~
さすがベテラン!

バトルも、そのCGモデル使っての2D調バトル

ボタンで攻撃の強弱選んでみたり
タイミング押しで必殺技のコマンド入れてみたりと格ゲー的要素を取り込もうした努力は買います
それが活きてるかどうかは別として・・・

とまあ、何か勿体無い台でしたね
作品の既存イメージを大事にしようとした開発姿勢とかには共感出来ますし
もっと良い物になれた可能性が有るだけに
う~ん勿体無い・・・
 http://26926725.at.webry.info/201408/article_4.html

ニューギンはパチンコだけ作ってればいいんですよほんと・・・
原作好きにはうれしいかもしれませんが、別にホールで格ゲーやるわけじゃないんで、そっちばっかりに気を回し過ぎるのも良くないってことでしょうか。

パチンコにおいて、「通常時が退屈」と「どうでもいい演出で煽りすぎ」の中間を往く演出バランスを作るのは、何だかんだ難しいと思いますが・・・

新台ヘッダー