top (1)

 

あのド派手な筐体だったら悪魔城2でも許せそう。

10月中旬に新台メタルギアソリッドを

新枠で販売予定のKPEですが、以降同枠で、

悪魔城ドラキュラ

戦国コレクション

順に予定しているようです。

メタルギアソリッドの機械代は高めに設定されておりますが、

面替のような形で以降の機種はいくらか安価で提供すると聞いております。

かなりのインパクトを受けた筐体でしたので、

今後のKPEに注目したいと思います。
引用元

面替と言えばプロジェクションマッピング筐体WIZARDが記憶に新しいですが、
あれは噂のレベルだったので、結局筐体価格はどうなるんでしょうね。

2016y06m02d_205835880


472295656ecd8dbed37d9d726a537dd6


悪魔城ドラキュラはゲーム性を色々変えて出しているイメージなので次回作に期待してしまいますが、
戦コレは純増の高さとAT中のテーブル管理(+自力継続)がウリだと私は思っているので、新基準機の規制の中どのようなスペックに仕上げてくるのか気になる所です。
全く新しいゲーム性だとしても、それはそれでコンテンツ的に楽しめそう。

SEVENS BEAT打ちたい。


新台ヘッダー