ダクセル新台2台

ビデオリールでお馴染みのダクセルですが、どうやらパチスロゆゆゆで最後になるとのこと。

ついに新筐体になるのでしょうか?
筐体新しくするのも良いんですけど、ゲーム性をそろそろ目新しいものにして欲しい・・・



■結城友奈は勇者である (DAXEL)
 
納期:7月17日(祝月)~
 
販売目標台数:3,000台
 
・スペック詳細
ART/ボーナス/出率
設定1 1/365.3/1/16384.0/97.5%
設定2 1/342.7/1/16384.0/99.4%
設定3 1/319.6/1/16384.0/100.3%
設定4 1/305.9/1/16384.0/103.6%
設定5 1/289.0/1/16384.0/106.7%
設定6 1/256.6/1/16384.0/110.5%
 
千円ベース 約47G
 
設定1数値:
コイン単価 約2.7円
 
 
CタイプよりのA+ART機。
 
ARTは、純増約2枚の差枚数管理式。
初期枚数決定ゾーンスタートタイプだが、
約4割で7が揃い上乗せ特化ゾーンスタートとなる。
 
ART消化中は敵を殲滅(減算式)し、残り0体で周期到達。
毎G1体以上、レア役では大量減算に期待が持てる。
周期到達後、連続演出で勝利できれば上乗せ特化ゾーンへ。
 
上乗せ特化ゾーンは6種のキャラが存在し、
キャラに応じて上乗せ期待度が異なる。
 
継続率管理の上位上乗せ特化ゾーンも搭載。
 
リアルボーナスは約150枚獲得+上位上乗せ特化ゾーン確定。
期待値は2500枚超え。
 
ART終了時は5種のシナリオに応じて引き戻しを抽選。
シナリオそれぞれに1~5回目の引き戻し期待度が設定されており、
5回引き戻した後はシナリオを再選択。
最も上位のシナリオは5回引き戻し確定の最低6セット継続。
引き戻し当選時の初期枚数は50~200枚。
尚、リアルボーナスは最上位シナリオも確定する。
 
通常中は、ゲーム数消化やレア役で周期到達(CZ突入)を目指すゲーム性。
ART期待度が約15%と約50%の2種のCZ搭載。
ART直撃もあり。
 
天井は999Gor10周期。
 
最後のビデオリール機。
引用元:モード1.0のブログ

 

新台ヘッダー