slide_1001001

スマホなどを介してオンラインでパチスロ実機を操作して遊技をするというサービスが開始されるようです。
法的な問題はないとのことですが、果たして流行るのでしょうか。 

㈱IoTエンターテインメント(原田宏一代表取締役)は4月5日、都内中央区のGINZA Lounge ZEROで、IoT技術とパチンコ、パチスロ遊技を融合した新しいアミューズメントサービス「Amulive(アミュライブ)」の発表会を開いた。

同サービスは、サービス利用者がスマホやタブレット、PCを使ってオンライン上で、遠隔地にある実機(パチンコ・パチスロ)を操作して遊技できる新しいサービス。従来のインターネット上の遊技サービスでは、アプリやゲームのバーチャルが一般的だったが、アミュライブは実際の遊技機をライブで遊ぶことが可能となり、実機ならではの臨場感が楽しめる

同社では現在、関連工場に遊技機308台(100機種)を保有。「アミュライブ」サイト上には既に「押忍!番長2」「化物語」「ニューアイムジャグラー」等といったスロット5号機のヒット機種から、「北斗の拳」「ミリオンゴッド」「吉宗」等といったスロット4号機まで多種多様なラインナップが確認できる。さらに今年5月までに保有遊技機2,000台を稼働させていくという。

ゲームの遊び方は、最初にクレジットカードでポイントを購入し、スマホやパソコン等から設置中のパチスロ機から任意の台を選択。遊技時にはポイントをメダルに変え、遊技終了後は離席時にメダルの精算を行う。余った(獲得した)ポイントは、別の台で遊技する際に使用可能となっている。

同サービスは4月5日に正式版をリリース。ただし3月1日より招待制のトライアル版を展開しており、その結果、利用者から要望のあった追加機能を今後、実装していく。予定では、4月中にパチスロの目押しアシスト機能、5月中に、画面上で自動的に遊技できるオートプレイ機能、さらに今年半ばにはパチンコ及びチャンスボタンを実装していくという。合わせて今後、購入(または獲得)したポイントで、例えば高設定が打てる券など色々なサービスとのポイント交換を検討中だ。

<中略>

同社では今期(来年3月まで)の目標として「100万ユーザーの獲得」「パチンコ、パチスロ1万台の設置」を掲げている。

-1024x682


引用元:遊技日本

アミュライブの公式サイトはこちら。
http://www.amulive.net/amu/top

4月5日に正式リリースされているので、設置機種や遊び方も公開されています。

スロコンのようなコントローラーが接続出来たらもっと臨場感が増して良いと思うのですが。

新台ヘッダー