maxresdefault

シンフォギアすげぇ・・・

㈱SANKYO(筒井公久代表取締役)は8月7日、平成31年3月期第1四半期の連結業績を発表。売上高は145億2,100万円(前年同期比30.7%増)、営業利益は13億7,500万円(前年同期は23億4,000万円の営業損失)、経常利益は18億2,700万円(前年同期は18億1,800万円の経常損失)、純利益は14億6,000万円(前年同期は11億6,700万円の純損失)と、増収増益となった。

パチンコの新規販売タイトルは「フィーバーR-18」のみだったが(リユース機を除く)、平成29年8月に発売した「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」がロングランヒットとなり、追加販売が好調に推移。前年同四半期を上回る3.3万台を販売した(前年同四半期は1.4万台)。一方、パチスロは「楽シーサー30φ」のみの販売に留まり、販売台数は800台(前年同四半期は9千台)となった。

平成31年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、売上高900億円(前年比4.4%増)、営業利益120億円(同17.9%増)、経常利益130億円(同14.8%増)を見込む。
引用元:遊技日本

パチスロ、パチンコ色々出していますが、シンフォギアが頭1つ抜けていますよね。
シンフォギアに続くロングランヒットとなる機種を生み出すことはできるのでしょうか。

今度はドラムゴルゴ13が出てくるようですが、そちらがVストック第2弾ということなので期待したいです。
新台ヘッダー