G1優駿倶楽部2

あ^~
あ^~と言いつつ、3Dにしてまでわざわざ歌わせる必要はあったのかと疑問に感じたり。

以下、G1優駿倶楽部のスペック比較です。
MY規制の部分を除けば大きく変わっている部分は純増くらいでしょうか。
G1優駿倶楽部 1と2(6号機)の比較です。

※前作→今作

・ART・AT初当り
設定1 1/348.8→1/348.8
設定2 1/342.2→1/342.8
設定3 1/324.1→1/324.5
設定4 1/296.4→1/296.8
設定5 1/283.1→1/283.5
設定6 1/266.7→1/266.0

・出率
設定1 97.8%→97.9%
設定2 98.4%→98.5%
設定3 99.6%→99.8%
設定4 103.4%→102.2%
設定5 105.5%→105.7%
設定6 110.2%→108.3%

・純増枚数 2.0枚→3.1枚

・タイプ
シナリオ管理【11シナリオ】→シナリオ管理【12シナリオ】

・AT3連期待値 29%→45%

・AT単発率 54%→30%

・凱旋ロード継続率 88%→88%

・千円B 32G→50G
※前作はMBを含むと約50G

・通常時平均育成G数 64G→64G

・天井 999G→999G

・設定1コイン単価 2.30円→2.40円

・MY規制 3000枚→2400枚

前作は約2年前 初週4300台 累計15200台販売
今作は2019年2月18日(月)~ 約10,000台販売予定
引用元:モード1.0のブログ

MY規制があれですが、有利区間があってもそこまで気にならないんじゃないかなと個人的には思っています。
戦コレはちょいちょい打たれているようですが、3.1枚となると戦コレよりもマイルドになるんですよね。


 

公式サイトはこちら
https://www.konami.com/amusement/psm/slot/g1-dclub2/index_tz.html



新台ヘッダー