dceb27e4

正直者が~ってのは本当にその通りかと。
訂正:タイトルに誤りがありました。メーカーではなくホールでした。ご指摘ありがとうございました。誤解を招いてしまい申し訳ございません。

エンタテインメントビジネス総合研究所は1月23日、パチンコ・パチスロのマーケティング事業を展開するシーズとの共同で実施した「第75回パチンコ景気動向指数(DI)調査」の調査報告書を公表した。

今回の調査では、トレンドウォッチとして設定付きパチンコの導入状況、「確変継続率65%規制」撤廃への期待、パチスロ6号機の導入・稼働状況、高射幸性パチスロ機の15%規制延期など「遊技機を取り巻く環境」について質問した。

高射幸性パチスロ機の15%規制が延期されたことに対する感想を尋ねたところ、最も多かったのは「納得できない」で35.0%。「あまり納得できない」(8.3%)を含めると4割以上が納得できていないと回答した。一方、「納得できる」(18.3%)と「やや納得できる」(16.7%)は合計で3割以上となった。

「15%以下までの代替機種数やバリエーションが乏しく、収益性も現状では厳しくなるのが見えているため、延期については評価している」(九州・大規模事業者、他4事業者)、「延期自体は望ましいが、結論が出るのがもう少し早ければ遊技機購入や店舗内での機種構成など検討の余地があったと思う」(関東・中規模事業者)、「これこそ『正直者が馬鹿を見る』という言葉が適切で、業界全体が自分の事だけしか考えていない団体ということが分かった。現状17%であれば、中古機流通を含めると撤去できるのだから、今後を考えても実施するべきだった。(中国・大規模事業者、他4事業者)、「目標を達成する為、計画的に撤去をおこなってきたパチンコ店に対して説明も一切ないし、一部のパチンコ店の主張だけを扱った判断としか思えない。業界にとってマイナスに働くと思う」(関東・中規模事業者)など、この件について寄せられたコメントからも、今回の対応について意見が分かれていることが見て取れる。


記事全文は遊技日本をご覧下さい。
 
パチスロ6号機も少しずつ出てきましたすし、現状ホールはそういう努力をしているのでしょうか。
パチンコの方も65%撤廃によってどんな機種が出てくるかは楽しみであります。

新台ヘッダー