DysFCErVAAIFXia

これは辛そう(味)。


金沢カレーブームの火付け役となったゴーゴーカレーですが、55という数字には意味があるらしいです。
以下wikipediaから引用。

ルーは55の工程で5時間かけて煮込み、55時間寝かせている[1]。

かつて、開店から午後5時55分までは「ゴーゴータイム」として、ロースカツカレーとチキンカツカレーのヘルシークラス以上のサイズを通常価格より100円引きで販売していたが、コストの上昇のため、2018年7月限りで全店で終了した。

毎月「5」のつく日は「ゴーゴーデー」として、トッピングサービス券を1枚進呈している。また、新規店舗は必ずゴーゴーデーに開店しており、その際は記念として全店舗で2枚進呈している。

毎年5月5日は「ゴーゴーバースデー」として、プレミアムチケットという5枚綴りのトッピングサービス券を進呈している。但し、この日に限りワールドチャンピオンクラスの販売はなく、トッピングサービス券は利用出来ない。以前はファーストクラス、メジャーカレー、店舗限定メニューを除くメニューを500円で提供していたが、2017年で終了した(但し、池袋東口スタジアムなど一部の店舗では2018年も実施された)。

以前は新規開店の店舗についても同様に500円イベントを1ヶ月程度実施することもあった。2014年後半まではオープン初日に数量限定(先着555名)で55円のイベントのみを実施していた。
引用元:wikipedia
 
何かの示唆として利用されそうな気がしなくもないですが、純粋に食べてみたいという気持ちもあります。
新台ヘッダー