北電子


正直訳わからないすぐ消えそうなクソ台をポコポコ売らなくていいから面白い台を長く打たせてほしい。
筐体も以前に比べると相当高くなっているようです。

遊技機の使用期間が伸びたら業界も少しは変わるのでしょうか。




価格が上がっている要因は、スペックや集客力が落ちている一方、筐体のギミックや液晶などがグレードアップしているせいなのでしょうか。

メーカーもあの手この手でお金を稼ぎに来るわけですが、ユーザーが一番に求めているのはスペックだと思うので、その部分だけは理解して機械作りをして欲しいです。
また、面白そうなのに設定を入れないせいですぐに消えていく台があったりするので、ホールにも力を入れてもらい、1つ1つの台を長く稼働させて欲しいですね。

パチンコではP牙狼の本体価格が「大台突破」(約53万円)と騒がれていましたが遊技機の価格はこれからも上がっていくのでしょうか。
新台ヘッダー