space-755811_960_720

6号機AT機よりもベースが10Gほど下げられるそうです。
それがゲーム性にどのくらい変化をもたらすのか。
日電協(兼次民喜理事長)は1月27日、東京都台東区の組合会議室で3項目の自主規制、および自主的な措置制定などについて説明する記者懇談会を開催。同組合の岩堀和男副理事長、吉国純生理事、高橋純一技術ワーキング委員長が出席。岩堀副理事長は、「ペナルティ規制の緩和」「スタートレバー・ボタン等を使用した演出の緩和」「ビデオリール演出の緩和」の3項目のいずれかを反映した機械を6.1号機とし、12月17日から保通協への申請ができるようになったことを報告。「適合率の状況によるが、うまくいけば春ごろに登場するのでは」との見解を示した。

続いて、高橋技術ワーキング委員長が「ペナルティ規制の緩和」に関して、「ベースを低くすることを目的としており、AT機で、おそらく10G程度(約50Gから約40Gに)、下げることができる」と説明した。また、吉国理事は、検定・認定切れパチスロ機の大量撤去に伴い、闇スロへの流出が懸念されるとし、闇スロで遊技することが犯罪行為であることの周知を、ファン雑誌を含めた各メディアに広く協力を呼び掛けることを伝えた。
引用元:プレイグラフ

低ベース化を図ることが出来る、というのは前から言われていましたが結構下がりますね。
ますます吸い込む力が強くなりそうな気もするのですが・・・
今でも荒い機種を出そうと思えば出せている現状なので、更なるギャンブル台が出るのかも気になるところ。

6.1号機の関連記事はこちら


また闇スロについてですが、闇スロのメンバーと言えば吉宗や主役は銭形、沖スロ系などがメジャーな気がします。
ハーデスや絆の撤去に伴い、その辺りの機種が闇スロ摘発のニュースで並んだりしたら遂に来たかって感じもしますよね。
果たしてどうなっていくのか。

闇スロ関連記事はこちら




新台ヘッダー