images (29)

パチンコ・パチスロユーザーの喫煙率は非遊技者に比べるとかなり高いようです。
パチンコ・パチスロのマーケティングを行うシーズはこのほど、エンタテインメントビジネス総合研究所およびアミューズメントプレスジャパンと共同で企画・実施した「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2020」の本調査の前段階であるスクリーニング調査より最新の「喫煙状況」の速報値を発表した。

<中略>

今回の調査では、パチンコ・パチスロ遊技参加者の喫煙率が遊技参加者全体で55.1%となり、昨年度からほぼ変わらず5割以上の遊技者が喫煙していたことが分かった。また、遊技状況別ではパチンコ遊技者(56.3%)よりもパチスロ遊技者(60.4%)の方が喫煙率が高い結果となった。吸っているタバコの種類については、喫煙者全体の過半数は紙巻きタバコのみを吸っているが、遊技参加者と非参加者では、吸っているタバコの種類の違いも見られ、紙巻きタバコのみを吸っている人の割合は、遊技者が40.1%なのに対し、遊技非参加者では64.0%を占め、遊技参加者は加熱式タバコ、電子タバコといった新しいカテゴリーのタバコを吸っている人の割合が多くなっている。
引用元:遊技日本

アミューズメントジャパンの記事によると非遊技客の喫煙率が15.1%なのに対し、遊技客の喫煙率が55.1%だったとのことです。
吸っているタバコの種類を見ると、喫煙者全体では喫煙者全体の56.9%は「紙巻きタバコのみ」を吸っているが、遊技参加者と非参加者では、吸っているタバコの種類の違いも見られる。紙巻きタバコのみを吸っている人の割合は、パチンコ・パチスロプレイヤーが40.1%なのに対し、非プレイヤーでは64.0%を占めた。つまり、パチンコ・パチスロプレイヤーは「加熱式タバコ」「電子タバコ」といった新しいカテゴリーのタバコを吸っている人の割合が多い。

10001626_1
https://www.p-world.co.jp/news/13185/amusement

喫煙者率だけでなく、紙巻きタバコかそうでないかの割合にも今後変化が出てきそうですね。

新台ヘッダー