パチスロ「ドラゴンギャル~双龍の闘い~」 (19)

会員カードが切れるほど殺到ってどんだけだよ・・・
関東地方で休業要請を無視して営業していたパチンコ店の店長のインタビュー記事です。

外出自粛要請期間中も営業を続けたところ、ツイッターなどで拡散され、ネットで非難を浴びるようになった。

「店に抗議の電話もかかってきたものの、まぁ数えるほどでした。基本的には問題なく営業させてもらっていました」

 警察からも、特に指導や要請などはなかったという。事態が一変したのは、自治体による休業要請に応じないパチンコ店の「店名公表」からだ。

「公表前に、事前通知が送られてきました。こちらとしては悪いことはやっていないという意識なので、無視しました。ただ、店名公表からお客さんが一気に増えましたね。『この店はやってますよ』という宣伝のような形になりました。遠方からも、たくさん来店していただきました。ただこちらとしては、いつも通ってくれる地域の人たちに貢献したいという気持ちで営業していたんです。それで、当店の会員しか入場できないということにしたんですけど、その場で新規入会希望者が殺到して、用意していた会員カードがなくなってしまうくらいでした

<中略>

とはいえ、今回の騒動では、非難を浴びても店に集う熱心なファンがまだたくさんいるように見え、自粛緩和後はすぐに以前のような賑わいが戻りそうに思える。

「確かに、一時的に客足が増えると思います。しかし、多くの店が休業でマイナスになった分を取り戻そうと、いわゆる『回収営業』をするので、思うように勝てないお客さんは資金が持たずに飛んでしまう。10万円の給付金も、今回ばかりはパチンコ業界に流れてこないかもしれないですね」
引用元:yahoo!ニュース

最終的には臨時休業したとのことですが、当初から従っていた店は納得しているのでしょうかね。

再開した地域も多いですが、客足はそんなに戻っていない印象です。
私の地元はおそらく5月明けくらいから営業再開するのでしょうが、一体どんな状態になっているのやら・・・

新台ヘッダー