p_daigentyoida-gazou1

SANYO側は源バインと言われていることを認知している模様。


以下、開発者さんの声を一部抜粋。
記事全文はリンク元をご覧下さい。


源さんでスピード感にこだわった理由

「世の中に多くのパチンコ台がありますよね。その中で、あえて源さんを選んでくださるパチンコファンの方に、最高の時間を楽しんでもらうには他の台では味わえない魅力を作ることが必須だと考えています。その魅力が『スピード感、疾走感』という特徴で、パチンコファンにはその気持ち良さ、高揚感を堪能していただきたい、という想いで開発しました」


演出バランスについて

「知らなくても楽しめるけど、知っていると『ニヤリ』とできるような法則は、長く遊んでいただく上で大切な要素の一つだと考えています。開発当初から様々な法則を随所に盛り込んでいきたいという思いはありました。頻繁にみる演出のルールを組み合わせて生まれる法則は、ユーザー様が常に意識するポイントなので、効果は大きいんじゃないか、と。リーチ図柄の法則は、そのような中で自然と生まれてきました」

開発が一番こだわったポイント

「スピード感はもちろんですが、盤面全体で演出する『極源炎舞』に関しては機種の顔としてこだわって作った演出です。『極源炎舞』の文字の配置や盤面全体で文字が完成するタイミングなど、最も気持ちが高揚するように繰り返し繰り返し調整して、完成に至ってます」
引用元:パチ7

中古価格もえらいことになって、増産もする予定の源さん韋駄天ですが、開発者の様々な思いがこめられているようです。
気になった方は是非全文をご覧ください。


新台ヘッダー