ジャグラーねじり

もっとやれ。

-〇〇円と言うのは、ホールにとっての赤字なのでユーザーとしてはプラスになっている部分です。
全国各地で導入が進んでいる、6号機「アイムジャグラーEX」。皆さんもう打ちましたか? 販売台数5万5000台中、半数が1月導入という噂もあったりするので、近くにまだ導入されていないという方も多いかもしれませんね。

さて今回は、全国ホールの稼働データのお話。12月15日からのデータがあるのですが、目を引くのがその「甘さ」です。さっそくこちらの数字を見てください。

■12/15(火) -6627円  102.1%
■12/16(水) -2698円  101.3%
■12/17(木) -1466円  100.9%
■12/18(金)    51円  100.5%
■12/19(土)   -175円  100.5%
■12/20(日)  1427円  100.1%
■12/21(月)  -420円  100.7%
■12/22(火) -1595円  101.0%


中央の数値は、ホールの粗利益。赤字続きなのがおわかりかと思います。そして、右の数値は機械割。なんとびっくり、100%を切っている日が1日もないんです!!

これはどういうことか? 新アイムは、実はディスクアップみたいに設定1でもフル攻略で100%を超える機種だった…なんてことはありません。愛姫みたいに、ちょっと設計的にやらかした…というわけでもありません。「ホールが甘く使っている」ということなんですね。

そりゃ、ホールにしてみれば営業の主軸であるジャグラーの新台に力を入れないわけがない。しかも、この先1年間で5号機ジャグラーはどんどん撤去されていく運命。お客さんに、「6号機ジャグラーに良いイメージを持ってもらおう!」と、必死でアピールするのも必然なんですね。

ここかで書けば、もう何が言いたいかお分かりですよね!? 新アイムジャグラーは今がめちゃくちゃ狙い目ということなんです!!
引用元:ジャグラーGOGOパーク

ホール「よし!そろそろ締めるぞ!」
となるのではなく、このコラムで言われているようにしばらくは甘く動かして欲しい。
やっと出てきた6号機ノーマルの希望の星ですよ・・・
お願いしますよ・・・