3B1BC7A4-AB5B-4044-8447-352AE254B541

有利区間をたっぷり使うのが見える見える。
この時を待ってた!と言わんばかりの適合スピードでしたね。

人気のマジカルハロウィンシリーズの最新作となる同機。注目は新基準6.2号機(有利区間3,000G対応機)で登場する点だ。スペックはシリーズでも特に人気の高いマジカルハロウィン5のスペックを再現したA+ART機。有利区間が3,000Gになったことによるパワーアップしたゲーム性で、ART中はより期待感をもって遊技することができるなど、新しくなった6号機のゲーム性が楽しめる。

パチスロ機の有利区間は、ATおよびART機において、小役等のナビゲートを発生させることができるゲーム区間として設けられ、6.2号機以前の規定では上限1,500ゲームに制限されていた。

日工組と日電協は4月15日、ゲーム性の拡充を目的として、有利区間の継続数の上限を3,000ゲームに緩和。緩和後の保通協への型式申請は5月20日分からとした。さらに今後は、有利区間のゲーム数規制を廃止する方向性も発表。業界内で議論が進んでいる「メダルレス遊技機」から実施していく方針だ。
引用元:グリーンベルト

PVも今週中には出てくるんですかねぇ。


有利区間3000Gについての解説はこちらの記事をどうぞ



5に近づけようとして中途半端な作りにしたら「劣化5」というレッテルを貼られかねないので、「6.2号機だとこんなことが出来るんだぞ」と6.2号機A+ART機の可能性を見せて欲しいところ。

6のように完走前提のあまりにも強い特化ゾーン要素を加えるとそれもまた興ざめなので、個人的にはボーナスとストックでコンスタントで継続させていく自力感を大事にして欲しいです。

ボーナス枚数どうなるんだろうなぁ。