超AT 美ら沖フルPV (6)

これが本当なのだとしたらマジでパチスロは夜明けを迎えるんでしょうか?


関連記事はこちら


キーワードとなる言葉は「一連増加区間の期待値」である。聞きなれない言葉であるが、この言葉が意味するところは、1回のレバーオン時に獲得できる枚数の期待値であり、要は1ゲームで獲得できる最大枚数の期待値と言い換えることができる。

兼次理事長が言う「内規で規制をかけて3600枚程度にしていく」という言葉は、裏を返せば「1ゲームで3600枚の期待値がある機能を搭載していく」ということだ。

ちなみに5号機時代の「一連増加区間の期待値」は「3000枚以下」で規制していたことから、いわゆるパチスロの一撃性においては5号機以上の出玉性能が搭載される可能性がある。

これは本誌が推測するところではあるが、この「5号機以上の一撃性」を内包した今回の内規変更こそが、日電協理事長をして「(従来の)6号機とは比較にならないもの」と言わしめていると思われる。

ちなみに、本機能についての説明と併せて、同会合ではスマパチ・スマスロについても説明されたので、本機能の搭載は「スマスロから」と認識されている人も多いが、メーカーの開発関係者に確認したところ、上記「3600枚期待値」については、従来型機にも搭載されるとのことである。
引用元:PiDEA


5400枚出せるよってワクワクさせておいて「内規で規制をかけて3600枚に」なんて言われたら「!?」ってなると思いますが、フタを開けてみたらこういうことでしたよってことでしょうか。


5号機以上の一撃性を6号機で取り戻したということで確かに今後の機械に期待は持てそうですが、真相はどうなのか。
こればかりは実際に出てきた機械がどんな動きをしてくれるのか次第なので、今後のパチスロに期待しましょう…



スマパチ
スマスロ