逮捕

現金を家に持ち帰るまで安心できないのがパチンコ…

鹿児島中央署は29日、窃盗の疑いで、本籍霧島市、住所不定、自称建設作業員の男(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は26日午後5時45分ごろ、鹿児島市のパチンコ店で、同市の20代男性のカード型パチンコ景品(交換金額2万9000円)など計13点を盗んだ疑い。

 同署によると、2人に面識はない。盗んだ手口などは捜査に支障があるとして明らかにしていない。男性が交番に届け出て、防犯カメラ映像などで特定した。男は「盗んだことは間違いない」と容疑を認めているという。
引用元:yahoo!ニュース


盗んだ手口を明らかにしていないってことは、たまたま目を離したすきに盗んだとかじゃなくて計画的に何かやって盗んだってことなんでしょうか。

景品交換所に行くまでのプロセスって人によって違うと思いますが、どこかスキをつかれたのでしょうね…
捕まって良かったです。