images

暴力団排除がどうして金地金を使った賞品で解決されるのか。

東京都遊技業協同組合は9月27日の定例理事会で、1g銀賞品を導入することを報告した。都内パチンコホールへの導入時期は2024年4月の予定。

都内ホールに金賞品(商品)を卸している問屋の組合、東京商業流通協同組合では、金地金の高騰により、パチンコ店で1g金賞品の取扱いができなくなる課題に対応するため、1g金賞品と0.3g金賞品の交換を進めているほか、低価格帯の賞品として、流通価格500円の1g銀賞品の製作を決定していた。

1g銀地金の大きさは、1g金地金よりやや大きくなるが、ケースのサイズは、現在の0.3g金賞品と同じとなる。

都内ホールでは、平成3年(1991年)から暴力団排除を目的に、金地金を使った賞品を提供しており、銀地金の賞品化は今回が初となる。
引用元:グリーンベルト


賞品としての価値を明確にするためや暴力団の排除が金地金を使う目的だったようですが、その金が高騰してまって大変なことになってますもんね…

場所によってはちゃんと買い取ってくれる所もあるようなので、しっかり金としての価値があります。



銀景品はやく見てみたいなぁ。