images

そりゃ地元も周年で客が埋まらないわけだ…
設定も全然入ってなかったしなぁ。

販売管理費を削減しなければいけないにも関わらずコンスタントな新台導入があることでそれが出来ない、スマスロは好調だったことに対してパチンコ部門が不振しているなどが原因にあるようです。

矢野経済研究所がパチンコホール業界の経営状況を調査した結果を発表し、調査対象117社における2022年度の売上高平均は149億8600万円だった。また、営業利益の平均は1400万円で、売上高に占める割合がわずか0.1%だと分かった。


 売上高は22年度比で0.5%増だったものの、コロナ禍の直撃を受けた20年度の売上高を2年連続で下回る厳しい状況が続いている。売上原価の構成比は85.8%で、22年度から1.4ポイント増加した。

 販売管理費は08年度を境に売上高構成比が10%を超えており、パチンコホールの経営を圧迫し続けている。矢野経済研究所によると、販売管理費の高止まりは、22年1月末を期限とした新規則機への移行、22年11月からの「スマスロ」導入など、多大な購入費用が必要となる状況が続いていることが背景にあるという。
引用元:yahoo!ニュース


コロナ禍の直撃した時期をさらに下回っているって結構ヤバイ状況ですよね。
今のパチンコやパチスロは軍資金も多めに用意しないといけない荒い台が多いし、様々な遊びやギャンブルがやりやすくなった現状を考えると人口が減少してしまうのは仕方ないことかもしれません。

スマスロ・スマパチの登場で出玉力は再び盛り上がりを見せていますが、設備投資もバカにならなかったようなので、その負債を取り返せているホールがどれくらいあるのか。

今度は新紙幣の導入もありますし、いよいよ資本のある大型チェーンばかりが生き残る状況になっていくのかもしれません。