右打ち

ある程度打ち慣れた方たちなら既に知っている情報ですが、春ということもあってパチンコデビューする人も多そうだし、こういう記事が出ているんでしょうね。

機種ごとのスペックやルールを覚えるのがまず大変な遊びですが、ホールのマナーとルールも同様に大切です。

新生活が始まる4月。パチンコホールにフレッシュマンが増える時期でもある。大学入学や就職を機に、パチンコ・パチスロを始める人も少なくないだろう。

 しかし、パチンコ・パチスロを楽しむ際にはさまざまなマナーやルールがあり、それを守らないと店側から出入り禁止となったり、客同士のトラブルになったりしかねない。そこで、パチンコ・パチスロ初心者が知っておきたいパチンコホールでのマナーをいくつか紹介する。

<中略>

パチンコ・パチスロで獲得した出玉は、“特殊景品”と交換し、それを“換金所”と言われる場所に持ち込んで買い取ってもらうのが一般的だ。換金所はパチンコホールに隣接して設置されていることが多いが、都内などではその場所がわかりにくいこともある。しかし、“換金所の場所は誰も教えてくれない”のが一般的だ。

「パチンコの三店方式と呼ばれる換金システムにおいては、パチンコホールと換金所は別の業者であり、ホールとしては特殊景品の買い取りには関与していません。だから、ホールの店員に換金所の場所を聞いても、ほとんどのケースが教えてくれないのです。換金所の場所は事前に調べておくといいでしょう。
引用元:yahoo!ニュース


記事によると

・空いてる台でも打たないのなら座らない・荷物を置かない
・紙幣を投入するサンドは『パチンコは左側』『パチスロは右側』
・台のキープは貴重品以外で分かりやすいものを
・遊技を終えたらゴミはゴミ箱に
・大きなリアクションや隣の台をのぞき込むのはNG
・景品交換所は事前に調べておく
・各ホールのハウスルールを把握しておく


などなど。
いくつかは初心者じゃない人も守っていなかったりしますが、程度やホールごとのルールもあるので、とにかく「やりすぎ」がNGと思っておけば良いと思います。

パチンコもパチスロも荒さが追及されているこの時代にデビューする人たちがどれくらいいるか分かりませんが、遊ぶ機種やレートを選べば楽しめると思うので一度ホールに足を運んでみるのもアリだと思います。